電気工事施工管理技士

スポンサードリンク


電気工事施工管理技士とは

電気工事施工管理技士 技術検定制度は、建設業法第27条第1項に基づき
国土交通大臣指定機関が実施する国家試験です。

スポンサードリンク


この検定に合格した者は所定の手続きによって国土交通大臣から
技術検定合格証明書が交付され「1級・2級 電気工事施工管理技士」の
称号が与えられます。

この技術検定合格者には建設業法で定められた専任技術者(建設業許可)
主任技術者・監理技術者(現場常駐)としての資格が与えられます。

建設業法に基づいて建設業を営もうとする場合には、営業所ごとに
専任の技術者を置く必要性があります。

1級電気工事施工管理技士の資格を取得している場合、一般建設業及び
特定建設業の営業所で専任技術者の職につくことができる。

これが重要な部分なんですね!

2級電気工事施工管理技士の資格を取得している場合には、一般建設業の
営業所で専任技術者の職につく事ができる。

もっと言えば、1級電気工事施工管理技士、2級電気工事施工管理技士とも
建設工事現場に必ず置かなければならない主任技術者の有資格者としても
認められている。

監理技術者は1級電気工事施工管理技士の資格を有するものでなければ
ならないが、ここではそれだけ重い重責を担った資格だということを
覚えていて欲しいです。

と、共にその重責を担うべき立場の人が受験する資格があるということである。
ゆえに他の資格と比較し多少受験資格が厳しいのです。

しかも下の転職サイトを見てもらえばわかるように会社は施工管理技士を
即戦力としてみています。



自分を高く売り込める有力な免許であることを知り一生懸命合格に
向け勉強しましょう!

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)