消防設備士の種類

スポンサードリンク


01292314_4f25545498a05

 

 

 

 

 

 

 

 

消防設備士という資格ですが他の資格と比較し比較的に
易しい資格ということができます。

スポンサードリンク


消防設備士は劇場、デパート、ホテルなどの建物は、その用途、規模、
収容人員に応じて屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報
知設備などの消防用設備等又は特殊消防用設備等の設置が法律により
義務づけられており、それらの工事、整備点検等を行うことができる
のが消防設備士です。

消防設備の種類

消防設備士免状の種類は甲種と乙種に分かれています。

類別の設備区分は以下のとおりです。

特類   特殊消防用設備等
第1類  屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備
第2類  泡消火設備
第3類  不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備
第4類  自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備
第5類  金属製避難はしご、救助袋、緩降機
第6類  消火器
第7類  漏電火災警報器

甲種消防設備士は、消防用設備等又は特殊消防用設備等の工事、整備、点検することが
できます。

また、甲種は特類、第1類、第2類、第3類、第4類、第5類のみです。
乙種は第6類と第7類を加えた第1類から第7類があります。

受験資格

甲種

甲種特類
甲種特類を受験するには、甲種第1類から第3類までのいずれか一つ、また
甲種第4類及び甲種第5類の3種類以上の免状の交付を受けていること。

特類以外

1.甲種消防設備士(試験の一部免除有) 受験する類以外の甲種消防設備士
免状の交付を受けている者
2.乙種消防設備士 乙種消防設備士免状の交付を受けた後2年以上、
工事整備対象設備等の整備(消防法17条の5の規定に基づく政令で
定められたもの)の経験を有する者

3.技術士(試験の一部免除有) 技術士法第4条第1項による技術士第2次試験に
合格された者 ※試験の一部免除がされる類は技術士の部門により限定されます。

4. 電気工事士(試験の一部免除有)
電気工事士法第2条第4項に規定する電気工事士免状の交付を受けている者
電気工事士法施行規則による旧電気工事技術者検定合格証明書の所持者で
電気工事士免状の交付を受けているとみなされる者

5. 電気主任技術者(試験の一部免除有) 電気事業法第44条第1項に規定する
第1種、第2種又は第3種電気主任技術者免状の交付を受けている者

6. 工事の補助5年 消防用設備等の工事の補助者として、5年以上の実務経験を有する者

7. 専門学校卒業程度検定試験合格者 専門学校卒業程度検定試験規程による
専門学校卒業程度検定試験の機械、電気、工業化学、土木又は建築に関する部門の
試験に合格された者

8. 管工事施工管理技士 建設業法第27条の規定による管工事施工管理の種目に
係わる1級又は2級の技術検定に合格された者

9. 工業高校の教員等 教育職員免許法により、高等学校の工業の教科について
普通免許状を有する者(旧教員免許令による教員免許状所有者で、教職員
免許法施行法第1条により工業の教科について教員免許状を有すると
みなされた者を含む)

10. 無線従事者 電波法第41条の規定により無線従事者資格(アマチュア
無線技士を除く)の免許を受けている者。

11. 建築士 建築士法第2条に規定する1級建築士又は2級建築士
12. 配管技能士 職業能力開発促進法第62条(旧職業訓練法第66条)の規定による
配管の職種に係わる1級又は2級の試験に合格された者(1級又は2級配管技能士)

13. ガス主任技術者 ガス事業法第32条の規定によるガス主任技術者免状の
交付を受けている者(第4類消防設備士の受験に限る)

14. 給水装置工事主任技術者 水道法第25条の5の規定による給水装置工事主任技術者
免状の交付を受けている者

15. 旧給水責任技術者 水道法第25条の5(平成9年4月1日施行)制定以前の地者公共団体の
水道条例又はこれに基づく規定による給水責任技術者(給水装置技術者その他類似の
名称のものも同一の資格と見なされる)の資格を有する者

16. 消防行政3年 消防行政に関わる事務のうち、消防用設備等に関する事務について
3年以上の実務経験を有する者(消防機関又は市町村役場等の行政機関の職員が
対象となる)

17. 実務経験3年 消防法施行規則の一部を改正する省令の施行前(昭和41年4月21日以前)に
おいて、消防用設備等の工事について3年以上の実務経験を有する者

18. 旧消防設備士 昭和41年10月1日前の東京都火災予防条例による消防設備士の者

その他学歴による受験資格もあります。

詳しくは試験機関のホームページをご覧下さい。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)