電気工事施工管理技士の受験資格

スポンサードリンク


受験資格は要チェックです
学歴や職歴、資格で受験資格が大きく
変わります。

今日は電気工事施工管理技士の受験資格について話します。

スポンサードリンク


    • 一級電気工事施工管理技士の受験資格

 大学卒業の場合、電気関係など指定学科であれば経験年数は3年以上

 大学卒業でも指定学科以外なら経験年数4年6ヶ月以上

 短期大学や5年制高専門卒業の場合には経験年数は5年以上

 短期大学や5年制高専卒業でも指定学科以外なら経験年数は
7年6ヶ月以上

 高等学校卒業で電気科など指定学科の場合には経験年数10年以上

 高等学校卒業でも指定学科以外なら11年6ヶ月以上

 その他の場合、経験年数は15年以上

 二級電気工事施工管理技術検定合格証明書の交付を受けたものは
経験年数5年以上

 二級電気工事施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で

1.短期大学又は5年制高専卒(指定学科)なら経験年数5年以上

2.短期大学又は5年制高専卒(指定学科以外)なら経験年数9年以上

3.高等学校卒(指定学科)なら経験年数9年以上

4.高等学校卒(指定学科以外)なら経験年数指定学科以外
10年6ヶ月以上

5.その他なら経験年数14年以上

6.第一種、第二種または第三種電気主任技術者免状なら
経験年数6年以上

7.第一種電気工事士免状の交付を受けた者は経験年数は
不問です

どうでしょうか。

こんなに経験年数が長いのかっっって私は思いました。
私は高卒ですし、電気科卒でもなかったです。
だから『11年6ヶ月以上』の経験が必要でした・・・

でも一種電気工事士を持っていたので11年6ヶ月以上待たなくてよかったのです。

私は国家試験マニアです!(笑)
私と施工管理技士との出会いは数年前、国家試験マニアの私としては
2級を飛ばして1級を受けるという選択肢はなく両方取ることにしました。

平成18年に『1級電気工事施工管理技士』と『2級管工事施工管理技士』に合格

平成19年に『2級電気工事施工管理技士』と『1級管工事施工管理技士』に合格

しました。

確か、管工事と電気工事の実地試験日が同じだったので管と電気を同じ年に
受けることで時間を有効に受験しました。

横道にそれましたが今日は2級電気工事施工管理技士の受験資格について
見ていきますね。

おっとその前に少し復習!!

2級電気工事施工管理技士を取得した場合、何ができるのでしょう??

2級電気工事施工管理技士の資格を取得したら一般建設業の営業所で
専任技術者の職につく事ができます。

また、1級電気工事施工管理技士、2級電気工事施工管理技士とも
建設工事現場に必ず置かなければならない主任技術者の有資格者として
認められます。

どうです? 2級でも必ず建設現場に置かなくてはいけない重要な資格者です。
そんな資格を是非ゲットしましょうね!

では受験資格です。

  • 二級電気工事施工管理技士の受験資格

 大学卒業である場合で電気関連の場合、経験年数は1年以上

 大学卒業である場合で電気関連以外の場合、経験年数は1年6ヶ月以上

 短期大学または5年制高専卒の場合で電気関連なら経験年数は2年以上

 短期大学または5年制高専卒の場合で電気関連以外なら3年以上

 高等学校失業で電気関連の場合には経験年数は3年以上

 高等学校失業で電気関連の場合には経験年数は4年6ヶ月以上

 その他の場合、経験年数は8年以上

 第一種・第二種又は第三種電気主任技術者の資格を有していれば経験1年以上

1級よりは短いですが私のような高卒には厳しいですね^^;

今日はここまでです

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)