消防設備士とは

スポンサードリンク


yudo

 

 

 

 

 

 

 

消防設備士資格は法第17条の9の規定に基づき、各都道府県知事が
(財)消防試験研究センターに委託している国家資格です。

スポンサードリンク


この消防設備士制度の成り立ちですが人の命を預かる消防設備の
プロフェッショナルを育成したいとの目的で昭和40年に発足した
資格です。

その区分は消防設備等(消火器、スプリンクラー、火災報知器等)の
工事、整備・点検が適正に行われ、建物内において常時その機能する
ように区分されています。

 

消防設備士免許は大きく2つに分類され

 工事、整備・点検を実施できる甲種
 整備・点検を実施できる乙種

甲種と乙種の違いは工事ができるか否かです。

甲種は1類から5類までありこれらの工事をできるのは甲種免状を
取得している人のみということです。

消防設備士は下図”消防用設備等・特殊消防用設備等の種類”に
記載されているように甲種が特類、1~5類の全6種類。

乙種が1~7類の全7種類に区分されています。

不特定多数が利用するホテル・劇場を始め多くの施設に消防設備設置が
義務づけられており、消防設備士によって工事・点検・整備が行われます。

消防設備士の業務

甲種消防設備士は、消防用設備等又は特殊消防用設備等(特類の資格者のみ)の
工事、整備、点検ができ、乙種消防設備士は消防用設備等の整備、点検を
行うことができます。

工事、整備、点検のできる消防用設備等は、免状に記載されている種類に
なります。

消防設備士になるには

消防設備士試験を受験し、これに合格することで消防設備士免状の
交付申請を行い設備士免状交付を受けることで消防設備士となります。

受験資格

乙種試験の受験資格ですが受験資格は不要であり誰でも受験することが
できます。

では甲種の受験資格は下記のとおりです。

 高等学校または旧制の中等学校において機械、電気、
      工業化学または建築に関する学科を修めて卒業した者

 乙種消防設備士で消防用設備等の整備について2年以上の実務経験を有する者

 大学、高等専門学校、旧制大学または旧制専門学校において機械、電気、
      工業化学、土木、建築または建築に関する正規の課程を修めて卒業した者

 技術士法による技術士の本試験に合格した者

 電気工事士

 電気主任技術者

上記に掲げる者と同等以上の知識および技能を有すると認めらる者
さらに甲種特類にあっては第1類から第3類までのいずれかの甲種消防設備士免状、
第4類及び第5類甲種消防設備士免状を有していないと受験資格はありません。

甲種の受験には、資格や一定の学歴が必要です。
また、一部の資格には受験科目免除もあります。

【資格の種類】

資格の種類 工事整備対象設備等
甲種 特類 特殊消防用設備等
甲種または乙種 第1類 屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備
第2類 泡消火設備
第3類 不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備
第4類 自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備
第5類 金属製避難はしご、救助袋、緩降機
乙種 第6類 消火器
第7類 漏電火災警報器

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)