危険物取扱者の種類と区分

スポンサードリンク


danger

 

 

 

 

 

 

今回は『危険物取扱者の資格』の種類と区分について
少しだけ深堀りしてみます。
これを見て自分に最適な類の資格をゲットしましょう。

スポンサードリンク


 

    • 甲種危険物取扱者

第1類から第6類の全ての種類の危険物の取扱いと
立会いができます

    • 乙種危険物取扱者

第1類から第6類のうち自分が免状を交付されている
類の危険物のみ取扱いと立会いができます。

 乙種第1類
酸化性固体(塩素酸カリウム、過マンガン酸カリウム、
次亜塩素酸ナトリウムなど)

 乙種第2類
可燃性固体(硫黄、赤リン、マグネシウムなど)

 乙種第3類
自然発火性物質及び禁水性物質(ナトリウム、リチウム、
黄リンなど)

 乙種第4類
引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、エタノールなど)

 乙種第5類
自己反応性物質(ニトログリセリン、トリニトロトルエン、
アジ化ナトリウムなど)

 乙種第6類
酸化性液体(過酸化水素、硝酸など)

    • 丙種危険物取扱者

第4類に属する危険物のうちガソリン、灯油・軽油など
指定されたものの取扱いができます。 丙種のみの
有資格者による立会いはできません。

甲種か乙種の該当する類の有資格者が作業に立ち会う
ことによって無資格者も危険物の取扱いができるように
なります。

どうですか?  入門として丙種を受けるのはよいと
思います。

しかしどうせやるなら乙種以上を目指したいですね!
甲種は受験資格を満たさないと受験ができません。

ですから乙種危険物を取得することが当面の目標となります。
乙種の中でも特に仕事に役立つのは乙種4類です。
初心者の入門編としてはおススメです。

復習として4類危険物は・・・

アルコールやガソリンや灯油、軽油といった危険物が
第4類に含まれており、その危険物の取り扱いや立会いが
できるとなるとあなたの馴染みも深いガソリンスタンド
などでもこの資格は活きてきます。

石油コンビナートでも最低、乙種4類を必須要件とする
職場が多いです。

まずは乙種4類から受けてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)