乙種4類危険物取扱者 危険物取扱者とは

スポンサードリンク


危険

 
 
 
 
 
 
 
 
 

私は以前、ビル管をしていました。
入社と同時に上司にこう言われました。

「ビル管には4種の神器と言われる資格があるんだよ」
「1年で全てを取得して下さいね」と。。。

スポンサードリンク


という訳で必要に迫られ4類の危険物取扱者という資格を取得しました。

人生が変わるほど大げさではありませんが給料は多少変わりました!
そう、資格手当ですね。

では、資格の概略についてお話したいと思います。

■危険物取扱者とはどのような資格でしょう。

危険物取扱者とは、消防法に基づく危険物の取扱いなどを
実施する場合に必要になる資格です。

一番最初に思いつくのは “ガソリンスタンド” ですね

消防法に基づく危険物って言われてもわかんないって人が多いと思います

その定義は

「貯蔵や道路輸送時に火災・爆発や漏洩事故の危険が高い物質」

となっています。

危険物は第一類から第六類に分かれています。
ここでは詳しくは話しませんがあとで勉強しましょう!

では誰がこの資格を必要とするでしょうか?

ガソリンスタンド? 簡単なところでは重油やガソリン、軽油を
扱う工場などが思いつきますがそれだけではありません。

分類と共に次回以降勉強します。

この資格は選任される人が持っておけばOKです。
しかし取得するからには選任されたいですね

扱う危険物により区分はありますが、

「一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う化学工場、
ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、
危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければ
いけません。」となっています。

一定数量以上の危険物・・・

どこの工場でも規模の大小関わらずありますよね

ですからまずは合格を目指しましょうね!

さっそくですがここでは少しずつ危険物を受ける前段階として危険物の

概略について触れていきますね。

法令で規制されている危険物の種類は6つあります。

第1類

酸化性固体 : 可燃物を酸化して、激しい燃焼や爆発を起こす固体

第2類

可燃性固体 : 着火しやすい固体や低温で引火しやすい固体

第3類

自然発火性物質及び禁水性物質 : 空気や水と接触して、発火したり可燃性ガスを

出したりする物質。

第4類

引火性液体 : 引火しやすい液体。ごく普通のガソリンなどがこの類になる。

引火性液体は、液体自身に火が点くのではなく、液体から発生する蒸気

(揮発し気体化したもの)に火が点く。

第5類

自己反応性物質 : 加熱や衝撃で、激しく燃えたり爆発したりする物質

第6類

酸化性液体 : 他の可燃物と反応して、その燃焼を促進する液体

慣れない物質名や性状についての問いがでますが解きながら慣れていきましょう

全ての危険物の名称や性状について問題が出るわけではありませんので

あまり気にしなくてよいですよ。

 

 

今日はここまでです

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)