民間企業への転職 

スポンサードリンク


SOL-001-1

 

 

 

 

 

自衛隊にいた私は休暇の時に地元で会う友達が楽しそうに見えたと
言うだけで自衛隊を辞める決意をした(笑)

民間のほうが楽に見えたし楽しそうに見えた。
女の子とも知り合いたいし、知り合える気がした(笑)

というわけで任期満了であっさり辞めた。。
でも楽しそうに見えた民間企業も当然、大変だった(笑)

 

当時の私はヘレンケラー状態(笑)

 学歴がない
 知識がない
 能力もない

でも最初は空調業界に入社できた。
自衛隊を満期まで務めたというのはなかなか信頼があるようで
すぐに就職ができた。

しかしこれまで空調のくの字も知らなかった私なので慣れるまで
大変でした。

そんな時会社から資格を取得するようにと命令が下った。

それが”第三種冷凍機械責任者
当時、私が最も苦手とする計算問題が多く出題される嫌な試験でした。

しかしこの時一緒に願書を出したのは5人。
4人は先輩ばかり。

しかも大卒。

これが私の闘志に火をつけた(笑)
生来の負けず嫌いのため生まれて初めて勉強系で負けたくないと思った。

で、勉強はどうやってしたかといいますと。

問題集全ページをコピーしました。

文章題については、そのコピーを常に持ち歩き解きながら暗記
計算は理解できないのでこれも暗記。
特に公式の暗記につとめました。

基本、私は今も問題集は汚さずに全ページコピーしています。
その代り参考書は汚しまくります

私の考えですが参考書に全てが記載されているわけではありません。
問題集を解いていて初めて知ること。
問題集を解いていてわからなかったのでネット等で調べて知ったこと。
これらをガシガシ参考書に書き込んでいきます。

こうすることで参考書はより実践的な参考書になります。
欲しい情報がコンパクトな本1冊に全て詰め込んだ!
しかもこの本の中身の大半は自分のモノになった!

こう思えたとき合格はほぼ手中に収めたといっても過言ではないでしょう。

事実私はそうやってほとんどの試験を一発で合格してきました。

話はそれましたがコピー大作戦&公式暗記を1日も欠かさずやることで
何とか合格を勝ち取りました。

その会社は役員が自己啓発に積極的で次に第二種電気工事士を
取得するように会社から言い渡されました。

この電気工事士試験が今後の私の人生を大きく変えることに
なりますが、それは次回お話しします。

えっ5人受けて他の人はどうなったって?

実は合格は2人!

3人は残念ながら不合格でした。

ではでは

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)