消防設備とは 消防設備士になるとできること 

スポンサードリンク


preview

 

 

 

 

 

あなたが消防設備士を受験したい理由は何ですか?

私は消防設備士って取得したら何をできるのか勉強するまでわかりませんでした。。。

スポンサードリンク


そもそも消防設備ってなんだっけ?

 

消防設備とは

消防用設備は、消防法、関係政令で規定している、消防の用に供する設備、
消防用水、消火活動上必要な施設総称のことです。

 

消火活動上必要な施設とは

消防法で規定される以下の設備に区分されます。

    • 警報設備

自動火災報知設備などを指します

    • 避難設備

救助袋、避難はしごなどを指します

    • 消火設備

消火器、スプリンクラーなどを指します

建築基準法で規定される以下の設備があります。

    • 防災設備

防火扉、排煙設備などがこれに当たります

消防用設備は消防法により規定、建築基準法に規定された防災設備は
そもそも関係法令が違うため、建築基準法と消防法及び市町村条例の
整合を取る必要性があります。

ところが、いざ竣工してしまうとこれらは防災設備として包含され
管理されるため建築基準法ということを忘れがちです。

ただし、消防設備士は、あくまでも消防法に規定される国家資格ですから
消火器など消火設備、自動火災報知設備などの警報設備、救助袋などの
避難設備の設置工事、点検や整備を行うことができる国家資格です。

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)