転職に有利な技術系資格

スポンサードリンク


WS000056

 

 

 

 

 

国家資格を取ると人生が変わるのか。
私自身、資格は転職するための武器とばかり資格を取ってきました。
同じような考えの方には興味があるところですよね。
今日は私の経験を踏まえてお話ししたいと思います。

スポンサードリンク


技術系資格を持っていると転職に有利なのか?
絶対有利です!

技術系資格を持っていると転職に有利なのか?

企業は人材をゆっくり時間を掛けて育てる余裕がなくなっています。
終身雇用の形態は崩れ技術者の高年齢化が進み後進が育っていない。

この後進の育成ができていないことを即戦力で補おうという意図が見え見え。
特に資格者は技術系の場合、仕事に直結します。

資格者を多く保有する≒会社の信頼、技術力の誇示

または施工系で言えば経審上の点数上昇になるため仕事への密接度が高くなります。
よって施工管理技士、電気主任技術者、技術士などは特にその傾向が高いです。

技術系資格を持っていると現職でも有利なのか?
会社によりますが有利に働きます

前の回答にもありますがあなたの保有する、または取得することにより仕事へつながる
機会があるのであれば有利に働きます。

会社から報奨金などを頂けたり資格手当がついたり金銭的メリットもあることがあります。
また現在より役職が上がったり仕事に自信が持てたりメンタル的なメリットも

資格はあなたが思っているよりも周囲の自分に対する評価につながることがありますので
仕事に関係する資格、より難易度の高い資格を取得するようがんばりましょう。

企業側が欲しがる人材、資格とは

企業側にこの人材が是非欲しいと思われる人とは
転職で役立つ資格とはどのような資格でしょう。
技術系資格で考えてみましょう。

 法的に選任する必要性がある資格でかつ、難易度が高い
電気主任技術者、エネルギー管理士、ボイラー技士などがこれで自社などから
資格者を選任する必要性があり、すぐに採用しようとしてもなかなか人材が
集まらない。

衛生管理者なども選任の必要性があるが保有者がものすごく多いのはこれに
該当しないと考える。

 その資格を保有している人を多く必要としている
施工管理技士などがこれに当たり公共事業などの入札をしている会社など
経審上の数値が上がるため有利となる。

特に監理技術者など講習を受けていることで最高6点となるのでこれもプラス。

 単に難易度が高い
面接の際に勉強のことや会話が広がったりするのでこれはこれで有利となることが多い。
難易度が高い試験を保有するということは面接官からすると仕事に関係なくとも
粘り強く仕事もがんばってくれそうという印象を持たれることも多いという。

技術系資格と企業が求める資格者というデータを某転職サイトで見ると

20位までの中に技術系資格は以下のものがありました。

8位 1級建築施工管理技士
9位 1級電気工事施工管理技士
12位 1級管工事施工管理技士
13位 電験3種
15位 技術士(建設部門)
15位 2級建築施工管理技士
17位 電験2種
18位 2級電気工事施工管理技士
20位 2級管工事施工管理技士

これら傾向が見て取れます。

資格は自分が取りたい資格と欲しい人材がマッチングしてこそ役に立つと言えるのでは
ないでしょうか。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)